青史出版


お雇い独逸人科学教師

おやとい どいつじん かがくきょうし

小澤 健志著     A5判 224頁

   本体価格 5,000円+税

      ISBN978−4−921145−53−8 C302

2015年8月7日発行

   トップページへ
   既刊書一覧へ
   新刊書・刊行予定書目へ
   ご注文・お問い合わせへ

  



  
    
幕末・維新期に幕府や藩、新政府の招聘されたお雇い外国人が、日本の近代化に果たした役割は大きい。本書は、新政府に雇われて東京大学前身校で数学・物理学・化学の授業を担当したドイツ人科学教師について、海外資料を丹念に調査し、これまで知られていなかった多くの資料を発掘、彼らの生い立ちや家族など、実像を浮き彫りにする。日本の近代化研究に欠かせない画期的労作。
 〔主要目次〕
   第一章 序論−幕末から明治初期における科学教育
   第二章 明治10年の東京大学設立までの前身校における独国人科学教師
   第三章 Gワグネルの生い立ちと修学歴について
   第四章 数学及び測地学教師E.クニッピング
   第五章 化学及び鉱物学教師C.シェンク
   第六章 日本への西洋理化学の啓蒙者の一人ヘルマン・リッターについて
   第七章 G.A.グレーフェンの足跡
   第八章 アルフレット・ウェストファルの足跡
   第九章 日本で最初の独国人独語教師V.ホルツについて
   第十章 総括的考察と今後の課題
   索 引

  
  立岩 寧 =おざわ・たけし
          1970年(昭和45)生まれ
          1989年(平成元) 長崎県立上五島高等学校卒業 佐賀大学理工学部物理学科入学
           1991年(平成3)〜1992年 ミュンヘン工科大学物理学科留学
           1995年(平成7) 佐賀大学理工学部物理学科卒業
           現在 (株)NAAリテイリング勤務 日本科学史学会・日本医史学会・日本独学史学会 等会員
          博士(学術)